インフルエンザワクチン予防接種費用補助

2020/11/2 制度実施決定

インフルエンザの流行前にワクチン接種することで、発症や重症化の予防が期待できることから、会社で費用を補助しています。

目次

概要

インフルエンザ予防接種を受けた場合の費用を会社で負担します。

対象者

  • 社員・アルバイト全員(雇用契約のある人、本人のみ)

目的

  • インフルエンザの流行前にワクチン接種することで、発症や重症化を予防する

流れ

※下記は2021-2022シーズンの情報です。2022-2023シーズンの情報は秋ころ更新します。

  1. 近所の病院などでインフルエンザ予防接種を受け、代金を支払う
    必ず領収証をもらってください。宛名は個人名でも会社名でもOK。

  2. 領収書を会社に郵送する
    郵送期限:2022年1月中旬頃の予定(詳細は別途案内します)

  3. 領収書の確認後、給与と一緒に振り込み
    2022年2月25日支給給与で振り込み予定

Q&A

  • インフルエンザワクチンの接種にかかる時間は、業務時間になりますか?

    • なりません。有給を取得したり、フレックスタイム制の人はフレキシブルタイムで業務時間を調整したりしてください。

  • 領収書がないと対象になりませんか?

    • 領収書がない場合は費用補助の対象とはなりません。