分報(times)

2020/3/17 コロナの影響でリモートの日が増える中で、テスト的に開始

分報とは

  • 「今やっていること・作業していて得た知見・考えてること・思っていること」なんでもつぶいていいし、他の人のチャンネルに絡んでいってもいい社内版Twitterです。

  • 近況、できごと、感じたこと、今の状態、気持ちなど、どんな内容でも歓迎。面白いことを言う必要はありません!

  • フルリモートだと減りがちなコミュニケーションを取る機会を増やすために導入しました。

  • 参加は任意です。自分のチャンネルを作らずに、見るだけでもOK。ですが、作成を推奨します!

  • Slackに分報用のチャンネルを作ることで実現します。

自分の分報チャンネルを作る

  1. 自分用分報のためにチャンネルを作る。

    1. チャンネル名は、 #times_名前 という名前にします。

  2. timelineチャンネルに流れるようにする

    1. /invite @timeline-bot で分報用Botを招待します。

  3. 分法の報告内容がtimelineにも流れるようになります。

    1. timeline チャンネルの使い方はこちら

  4. 作った自分のチャンネルを#generalに貼り付けて共有する

  5. 作ったチャンネルでつぶやいたり、他の人のチャンネルを見てリアクションしたりしてコミュニケーションをとる

他の人の分報チャンネルに入る

  1. 下記のようにチャンネル検索して全員分のチャンネルを追加する

  2. #timeline チャンネルを追加する

    1. timelineチャンネルは各timesチャンネルの内容が自動的に反映されるチャンネルです。

    2. Twitterでいうところのタイムライン的なチャンネルです。

注意

  • 実装でハマっていたり、困っていることは GitHub や #dev で共有しましょう。分報はあくまで呟きなのでみんなが見るとは限らないので。

  • 無理に呟く・リアクションをとるのはやめましょう。