面談・1on1・メンタリングについて

2017/11/14 「面談」を制度化

2020/7 リモートワークとなり、コミュニケーションが減ったため、面談とは別に「1on1」を制度化

2022/8/4 入社オンボーディング強化のため、「メンタリング」を制度化

目次

SocialDogでは「評価面談」「1on1」「メンタリング」を行っています。時間などは、担当者からSlackでアナウンスします。

 

評価面談

1on1

メンタリング

 

評価面談

1on1

メンタリング

誰と?

上長

上長

メンター

いつ?

6ヶ月おき
3月・9月

毎月
※面談がある月を除く

入社から3-6ヶ月程度。随時

どのくらい?

30-60分程度

20-30分程度

5-30分程度

事前準備

自己評価シート(本人)
面談シート(上長)

不要

不要

1on1 の頻度について:基本的には1ヶ月おきですが、入社直後などは毎週や隔週などで行う場合もあります。

評価面談

「評価面談」を単に「面談」と呼ぶこともあります。

目的

  • SocialDogでの仕事と、想定しているキャリアパスにずれがないようにする(「Will」「Can」「Must」をクロスするようにする)

  • https://socialdog.atlassian.net/wiki/spaces/PORTAL/pages/2203451602 のバリューを体現できているか確認する

  • アウトプットを確認し、昇給の判断材料とする

自己評価シートの記入について

  • 面談の5営業日前18時までに「自己評価シート」に記入してください。記入が完了したら上長へ連絡してください。

  • 以下の雛形からコピーして、前回のものの上に追記してください。

    • 雛形にこだわらず、伝えたいことをすべて書いてください。

    • 福利厚生について要望がある場合は福利厚生提案書書き方のページを参照してください。

前回面談や入社からの仕事内容を振り返り、「成長できているか」「どう成長していきたいか」「困っていること」をぜひ教えてください。

上長が仕事の様子をすべてを見ることができているとは限りません。自分の評価されるべき点や不満な点についてはしっかり書いてください。

課題・評価されるべき点を書くときは、https://socialdog.atlassian.net/wiki/spaces/PORTAL/pages/2203451602バリューを体現できているか、という軸で考えてみてください

「現在の働き方や制度への不満、改善してほしい点、要望」欄は、小さなことでもぜひ記載してください。働きやすい会社にするために、みなさんの気付き、意見が必要です!ここで提案された内容が実際に実現することもよくあります!

流れ

  • 最初に自己評価に書いてもらった内容について話します。

  • 次に面談担当者が記載した面談シートをもとに話します。

1on1

目的

  • 上長への業務の相談や、気づきの振り返りを通して、自身で教訓を引き出し、今後に活かせるような成長を促す場です。

  • 上長は、振り返りをサポートすることで、教訓を引き出したり、教訓を今後に活かす動きを促します。

良い1on1の定義

  • 1on1が上長ではなく自分の為の時間になっていること

    • 1on1は、業務として定期的かつ対話に集中できる環境でコミュニケーションを取ることにより、はじめて自分の為の時間として有効に機能します。

自分の為の時間とは

  • 効率よく学びを深められる時間

    • 効率よく学びを深めるためには、経験学習のサイクル(経験→内省→教訓を引き出す→新しい状況に対応)の繰り返しが有効です。

    • 1on1では、自身が、経験を学びに変換するための振り返りが上長との対話によって促され、自身が教訓に気づき、次の行動に移せる状態を目指します。

  • 自分の才能に気づける時間

    • 色々な仕事を経験し他者から観察してもらい、1on1で経験を振り返ることで、自分の才能に気づいたり、自身の職業観(や情熱)を深められる状態が理想です。

流れ

  • 業務の話に関わらず、最近悩んでいることなど、何でも話せる場です。

  • 特に話したいことがない場合は、以下のテンプレートを活用してください。

  • 話しておきたいことがあれば、予め1on1のドキュメントに書いておくとスムーズに話せます。なければ書かなくてもOK。

  • 話したことは、以下のテンプレをコピー&ペーストして一番上に貼り、その場で1on1シートに記入します。

メンタリング

目的

  • 入社後、パフォーマンスを発揮できる状態にすることをサポートする

内容

  • メンターと困っていることやうまくいっていることについて話し合います。

  • 先にジョインしたメンバーが、あとからジョインしたメンバーをサポートする制度であり、メンターとメンティのスキルレベルの高低には関係ありません。

  • メンティーの問題の解決をサポートしますが、必ずしもメンターが問題を解決する必要はありません。

    • メンターが解決できない問題の場合は、どのように解決すればよいか(上長やチームメンバーなどに聞く、ドキュメントを参照する)を一緒に考えるところまでがメンターの役割です。

 

※メンターとなった人は、https://socialdog.atlassian.net/wiki/spaces/PORTAL/pages/2216919092 を参照してください。